マキベリーは若さの源、アサイーよりも濃い成分

マキベリーは若さの源、アサイーよりも濃い成分

近年注目されているアサイーよりも濃い成分を持ち、スーパーフルーツと呼ばれるマキベリーとは具体的にどんなものでしょうか。

 

マキベリーはチリ南部にあるパタゴニア地方が原産の、艶のある直径6mm程の球形の果実です。

 

若さの源、抗酸化作用で老化防止

 

活性酸素そのものは生きて行く上で必要な物質ですが、増えすぎるとその酸化力と殺菌力の為に健康な細胞を傷つけてしまったり、健やかな細胞が再生することを妨げたりすることが知られています。

 

その活性酸素を体内から取り除く働きをするのが抗酸化物質です。

 

ポリフェノールには活性酸素を取り除く抗酸化作用がありますが、マキベリーには、ポリフェノール代表のように言われているブルーベリーの約14倍、アサイーの約5倍ものポリフェノールが含まれており、なかでもアントシアニンの含有量が高いため、強い抗酸化力が期待できます。

 

ストレスや喫煙、紫外線などで簡単に増えてしまう活性酸素を減らす事ができるので、外見・内面的に若さを保つ事ができますね。

 

参考:マキベリー 効果

 

血液サラサラ、血行促進

 

アントシアニンには血行を促進する効果があり、冷え性の改善・動脈硬化の予防・血圧上昇の抑制・肝機能の回復も期待できます。

 

マキベリーにはほうれん草の約3倍の鉄分が含まれており、健常な血液を作ることにも期待が持てます。

 

特に若い女性に多い、鉄欠乏性貧血の予防や改善に役立ちますね。

 

いつまでも元気でいたい、骨粗しょう症予防

 

カルシウムが不足すると、骨からカルシウムが溶け出すため骨密度が下がり、骨の強度が落ちる事はよく知られています。マキベリーにはイワシの約5倍のカルシウムが含まれているため、歯や骨が弱くなるのを防ぎます。

 

カルシウムにはイライラ抑制効果もありますので、ストレスを感じる事も減り、結果的に活性酸素を減らすことにもなりますね。

 

美脚の大敵、むくみ防止

 

ナトリウムの過剰摂取により体にたまった水分を排出する手助けをするカリウムが含まれているため、むくみを防止する効果も期待できます。

 

夕方になると靴がきつくなってしまう、寝起きに顔がむくんでいる、濃い味付けの物を好んで食べる、日ごろあまり野菜を食べる習慣が無いという方のむくみ対策に良いですね。

 

この他にもビタミン、ミネラル、食物繊維、必須脂肪酸に富み、まさにスーパーフルーツと呼ばれるものがマキベリーです。